2018年05月16日

拉致支援、樋口英明裁判官への訴追請求

離婚訴訟で、裁判官として必要な調査、法令遵守を怠り一方的な判決を出した裁判官の訴追を行いました。
基本的には、出た判決に対しての不服は訴追できないルールになっていますので、判決に至る行為が、
憲法違反、条約違反、刑法違反、公務員倫理規定違反として訴追しました。
訴追委員会は国会議員20名で構成されています。
国会議員は国民の声を聞くのが仕事でもあります。
我々国民が訴追の声を上げ続ける事で、訴追委員会が機能する事を期待しています。

子供を連れ去られた父親より

訴追請求状_樋口英明公開用.pdf
posted by 家裁監視団 at 11:23| Comment(1) | 裁判官に気をつけろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は、虚偽事由で侮辱されて提訴され、敗訴し、様々なものを失いました。
これを提訴したところ、「適正,公平な裁判のためには、裁判では虚偽は必要である」として敗訴しました。(本人訴訟)

弁護士会と日弁連は、当弁護士に対し、「正当な弁護士行為」と議決して懲戒処分せずに、直後に当弁護士を会長・日弁連役職に就任させており、原告が提訴した時には、「当行為を処分しないからといって、原告(国民)に損害を与えていない」と主張しては、再び争いました。
裁判官たちは、権利の濫用を許し、当理由で原告敗訴としました。

国家賠償訴訟「訴訟の場での虚偽は、不適切なものとは到底みとめられない」(平成24年ワ第159号)事件を提起したところ、 国は「争う」とし、「適正,公平な裁判のためには、裁判では虚偽は到底必要である」と判決して、原告敗訴としました。
 裁判官に深々と頭を下げて喜ぶ国家公務員の方々の姿がありました。

その後に刑事告発したところ、詐欺罪として受理されました。(時効で不起訴)

近年、再審請求しました。
再審請求では当然に憲法違反を詳細に訴えたのですが、再び「憲法違反の記載ない」を理由に決定を受けました。(第一小法廷)(日弁連経歴者所属)

絶望と恐怖があるのみです。
日本は、法による支配(人権擁護)してますか?

 さて近年、元裁判官の樋口英明氏は、過去の立派な行動(?)を講演し、ドキュメンタリー映画をも作成したと聞きましたが、当の訴訟詐欺を助長し加担するかのように「適正,公平な裁判のためには、裁判では虚偽は到底必要である」と被害者に言い渡し敗訴としたのは、樋口英明 です。
あなたは、詐欺被害で苦しむ人々に対して、このような卑劣な判決をいつも言い渡して来たのですか?
Posted by 匿名 at 2024年01月29日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。