2011年01月19日

岐阜家庭裁判所宛要望書

「親子交流を考える岐阜の会」の許可を得た上で転載します。

岐阜家庭裁判所長 殿

裁判所における親権者及び監護権者指定の判断基準の運用改善を求める要望書

私たちは、我が国の単独親権制度により離婚または別居後に子どもと
自由に会えなくなるという現実に直面し、我が子の健全な成長のため、
別居中の親も子の養育にかかわる必要性を訴えて、
諸外国並みの頻繁な子との面会や共同養育を実現する目的で、
中部地区で活動を展開している団体のものです。

日本では、毎年約25万人の子どもが離婚により一方の親から別れ、
その7割がその後、別居親と面会できない(厚生労働省統計)という
悲惨な親子関係が続いています。
子どもを連れ去られた後に、親であるにもかかわらず
実の子どもに会えないという信じがたい現実を突きつけられ、
ある者は自殺し、ある者は配偶者を殺害し、ある者は子の連れ去り返しにより
誘拐犯として逮捕されるなど、法制度の不備と裁判所の不適切な運用による
犠牲者が後をたちません。このような悲劇は、諸外国では起こりえません。

ルース米国大使が、
「子どもの幼少期はあっという間に過ぎてしまう。
後に残された親たちは、そうした幼少期を子どもと過ごす機会を逸しており、
その数はますます増えている。
そして、連れ去られた子どもたちは両親の愛情を受けて成長するという機会を奪われている。」
と東京新聞(平成22年9月1日記事)に寄稿文を寄せているとおり、
引き離された親子は、自然な情愛である親子関係・絆が断たれています。

 子どもの連れ去り、引き離しは「拉致」として諸外国から厳しく非難を受け、
米国を始め各国から非難決議を日本は受けています。
裁判所における親権者及び監護権者の指定の判断基準が変わるだけで、
何万人の引き離しにあっている親と子どもたちが救われます。
是非とも、早急に、以下のとおり、裁判所における
当該基準の改善を図られることをお願いいたします。

1、現在、適用されている「乳幼児期の母性優先の原則」
及び「継続性の原則」については、その基準の過度の尊重を改めること

  我々が、判事でもある方に説明するのはおこがましいことであり、
説明は省きますが、「母性優先の原則」は、「両性の平等」に反するという理由で、
諸外国の多くで、現在は採用されていないということ、
及び、「継続性の原則」こそが、片方の親による子の連れ去りと、
子のもう一方の親からの引き離しを引き起こしている原因であり、
「子の福祉」に明らかに反する行動を親が行うことを誘発する原則であることについて、
十分に考慮していただき、今後の対応を早急に検討してください。

2 「寛容性の原則」を採用すること

  諸外国においては、主たる監護者を指定する場合には、
「もう一方の親が子に会うことに対し、どれだけ寛容であるか」
(Friendly Parent Rule)との基準が利用されることが一般的です。
この原則を採用することで、自ずから、親と子の引き離しは解消されます。
すなわち、親と子の引き離しを行う者は、当該原則に反する行為を行ったことをもって、
親権・監護権がもう一方の親に移ってしまうためです。
 親権者・監護者指定にあたっては、この原則を「継続性の原則」
に優先する運用に変更していただくだけで、多くの問題が瞬時に解決することになるでしょう。

3 「子の連れ去り行為」及び「虚偽の配偶者暴力(DV)の申立て」は、
「子の福祉」に反する行為として、親権者・監護権者の指定においては、
不利な推定が働くようにすること

 2に掲げる原則が適用されるようになれば、
「子の連れ去り行為」及び「虚偽の配偶者暴力の申立て」をする必要性は低くなりますが、
これらの行為を行う者が全く居なくなる保証はありません。
「子の連れ去り行為」及び「片親の子への接近禁止命令を目的とする配偶者暴力の申立て」は、
子を片方の親から引き離す行為であることは言うまでもなく、正当な理由のない限り、
親権・監護権の指定にとって不利とすることで、
これらの行為を抑止することになることが期待されます。

以上につき要望致します。
平成23年1月11日
                         親子交流を考える岐阜の会
                         代  表  ○ ○ ○ ○ 
                         中部 共同親権法制化運動の会
                         代 表 三 浦 寿 司
                         特定非営利活動法人 てのひらの会
                         理事長  宮嶋 健太郎  

posted by 家裁監視団 at 15:08| Comment(0) | 家裁への意見 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。