2015年12月18日

打越さく良(さかきばら法律事務所)編、その3

【竹内親子断絶事件】第5話 
打越さく良(さかきばら法律事務所)の養育妨害第3回

D審判になると急に竹内さんをDV加害者呼ばわり

竹内さんの息子さんが閉鎖病棟に入院させられ、
継続してきた親権者と面会交流についての調停が審判に移行すると、
打越は突然準備書面で竹内さんをDV加害者として執拗に攻撃するようになった。
元妻にはDVの既往症があり、従って交流妨害は正当化されるべきだし、
過去の債務は帳消しにするべきだと言い出したのだ。
こういった主張は離婚弁護士の常套手段でもある。

調停では当初打越は面会交流自体を否定することはなかったし、
母親が竹内さんとお子さんとの面会交流に際し、
わざわざ自身の同席を面会交流の条件にしていた事実を打越は十分知っている。

実際、8年前の離婚調停の際、DVの話は一切出ず、
相手方の離婚の理由は「思いやりがない」「感情をむき出しにする」
「嫉妬深い」「独占欲が強い」の4点である。

竹内さんは以上の理由で子どもを誘拐されたことはあっても、
DV法の保護命令や支援措置を発動されたことはない。
相手方の住所を竹内さんは知っているが訪問したことはない。
これまでの調停、審判でDVが認定されたこともなく、
その上、打越以外のこれまでの相手方の弁護士も
一度もDVについて主張したこともない。
なお、打越は原審では元妻は竹内さんと婚姻する以前には
心療内科に通院したことなどなく、元妻の精神状態の不安定は
竹内さんとの婚姻生活で受けたDVが原因であると主張していたが、
控訴審では主張が一転、元婚約者からのDVを原因とする
精神疾患の事実があったと自ら認めている。

➅子どもの病院や学校を父親に隠匿

打越は今日に至るまで、竹内さんに隠す正当な理由もないのに、
竹内さんをDV呼ばわりして名誉を棄損し、
子どもの病院や学校を竹内さんに隠ぺいし続けている。
言いさえすれば何の法的根拠もないのに
「法律家」の名の下に父親の養育権を侵害し
子どもが父親のもとに帰る権利を不当に蹂躙し続けている。

打越は養育妨害を続ける母親に加担して子どもを止め続けている。
いまだ竹内さんのお子さんは強いられた逃亡生活から解放されていない。

➆不自然な子どもの入院

2015年1月になり審判が佳境に近づくと、
竹内さんのお子さんが再び入院したということを竹内さんは知らされた。
一審の裁判官は頭を抱えたものの
「未成年者の生活の平穏を害する恐れがあるため」と称して
竹内さんに医療機関など秘匿したままでなされた
調査官調査の不当性を竹内さんが指摘しても聞き入れず、
5月25日に親子断絶の決定をそのまま決定を出した。

ところが、決定が出たわずか12日後の6月6日に、
竹内さんのお子さんが退院したということを竹内さんは知らされる。
あまりにもできすぎた入退院のタイミングに、疑ってかからないほうがおかしい。

(竹内さんからの聞き取り、裁判書類をもとに家裁監視団が編集)
posted by 家裁監視団 at 14:33| Comment(0) | 弁護士にも要注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月16日

打越さく良(さかきばら法律事務所)編、その2

【竹内親子断絶事件】第4話 
打越さく良(さかきばら法律事務所)の養育妨害第2回

➂父親に子どもの入院先を知らせない

竹内さんは元妻が債務不履行による交流妨害を継続するため、
代替措置として元妻側に子どもの写真と
子どもの養育についてのレポートを送付するように要求し、
元妻もそれに応じてきた。
ところが、打越が弁護士に就任してから、
竹内さんと子どもとの交流が実現するとその月の送付は実現しなかった。

竹内さんのお子さんが2013年4月に入院した前後にも
竹内さんのもとには写真もレポートも届いたが、
病気や入院については触れられていなかった。

竹内さんはその後の調停で調停委員から子どもの入院を告げられてその事実が発覚した。

打越が子どもの入院について父親に知られると
まずいと考えていたことはこの事実からわかるが、
その後打越は、腹いせに子どものレポートの
送付を「任意だから」という理由で送ってこなくなった。
母親の養育能力の欠如が明らかになったにもかかわらず、
不利益を被るのは、父親からの保護と養育の機会を失った竹内さんのお子さんである。

C子どもを使った人質取引

竹内さんは母親による単独養育に危険を感じて、
2009年に親権者変更の申し立ても行った。
ところが打越は、親権者変更の取り下げを行なえば、
取りやめていたレポートの送付の再開を検討すると審判の席で竹内さんに告げた。

親権者変更は親である竹内さんの法的な権利である。
同時に不適切な養育がなされていた場合に、
子どものためになされるべき保護措置でもある。
打越が母親による養育が適切になされていると考えているならば、
最初から通例通りにレポートを送付すればいいだけのことだ。

打越は、親の子どもへの愛情を悪用して、
自身のクライアントの欲求のままに子どもを道具にした。
これが子どもを利用した人質取引であることは明らかだ。
posted by 家裁監視団 at 20:57| Comment(0) | 弁護士にも要注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

竹内親子断絶事件とは


竹内英治さん(48歳)は毎月子どもと会うという調停合意のもと、
2007年10月に、2006年に1歳9カ月になる
子どもを連れ去った元妻との離婚に応じた。

ところが元妻は約束を3回守っただけで、
その後竹内さん親子の関係を7年間にわたって妨害し続けた。
竹内さんはこの7年間、親子関係の回復を願って家庭裁判所に通い続けてきた。

ところが、2015年5月22日、さいたま家裁の本田幸嗣裁判官は、
本件において面会交流の禁止制限事由はないと明確に言い切っているにもかかわらず、
子どもが不登校に陥り、入退院を繰り返していることに触れ、
竹内さん親子の関係の断絶を決定に明記して妨害。
2か月に一度10歳になった息子さんの写真、近況のレポート
半年に一度子どもの診断書と通信簿を竹内さんに送付するとの決定を出した。

審判の決定直前には、
相手方は竹内さんの子どもを発達障害を理由に入院させ、子どもは決定後に退院。
裁判所と相手方弁護士の打越さく良は親である竹内さんに
病院名を秘匿するなどいやがらせを続け、子どもの安全を確保する努力を怠った。
高裁では子どもは退院したにも関わらず交流妨害を継続した。

第1話 本多幸嗣裁判官(さいたま家裁)編
http://kasaicheck.seesaa.net/article/430720027.html

第2話 川神裕、伊藤繁、飯畑勝之裁判官(東京高等裁判所民事17部)編
http://kasaicheck.seesaa.net/article/430720164.html

第3話 打越さく良(さかきばら法律事務所)編、その1
http://kasaicheck.seesaa.net/article/431200636.html

第4話 打越さく良(さかきばら法律事務所)編、その2
http://kasaicheck.seesaa.net/article/431266621.html

第5話 打越さく良(さかきばら法律事務所)編、その3
http://kasaicheck.seesaa.net/article/431351194.html
posted by 家裁監視団 at 11:49| Comment(0) | 竹内親子断絶事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。